遂に登場!DJI Inspire 1用高性能カメラ ZENMUSE X5 Pro

ZENMUSE-X5-__-800_01

空撮で関西の空が仕事場! 空colorの岩本です。

今回は、DJIからようやく発売になった
Inspire 1用高機能カメラ ZENMUSE X5 Pro
届きましたので、そのファーストルックをお伝えしたいと思います。

基本事項としまして、
Inspire 1は、元々カメラが交換出来る設計でした。

スクリーンショット 2015-11-02 02.52.50

しかし、なかなか交換可能カメラは発表されず
本当に出してくれるのか、怪しい雰囲気を漂わせていました。

それが今年の9月にInspire 1 Proと言う名前を掲げ
新しいカメラが二種類発表されました。
一つが今回お伝えさせて頂くX5 Pro
もう一つは、年末頃に発売と言われているX5 RAW

スクリーンショット 2015-09-11 17.46.30

どちらもマイクロフォーサーズ規格に則った
センサーの大きい、魅力的なカメラでした。

スクリーンショット 2015-11-01 18.02.10

X3もカメラ一体型ドローンとしては
相当に検討していた画質ですが、
発表されたX5は、それをはるかに凌駕していました。

スクリーンショット 2015-11-01 18.01.59

X3とX5の大きな違いは、センサーサイズとレンズによる画質の向上。
4Kでの撮影などは、大きくは変わりません。

X5 ProとRAWの違いは、出力データがH.264圧縮か非圧縮RAWかです。
X5 RAWは値段も70万程度の予想となっており、
ホビーでは無く完全にプロ用です。

スクリーンショット 2015-11-01 18.13.52

さすがに、その金額は無理なので
今回はX5 Proにしました。
でも、発売されたら画は見てみたいです。
欲しくなるだけでしょうけど。

で、届いたX5 Proですが
まず箱からしてデカイくて重いです!
軽自動車とトラックって感じです。

IMG_0069

カメラ本体は、こんな感じ。
こちらも、大きさ的にはかなり違います。

IMG_0070

IMG_0071

黒の重厚感と相まって、存在感が半端ないです。

購入時の注意点としては、
既存のInspire 1のカメラを積み替える場合は
防振ユニットと言う専用のマウンターを一緒に購入しなくてはいけません。

大きく重くなっている事もあって、
強度の増強や防振対策として
マウンター自体が変更されています。

取り付けは、DJIがチュートリアルビデオをアップしています。
英語版ですが、手順通りやっていけば
英語分からなくても大丈夫だと思います。

私の場合は、二本あるフラットケーブルの
小さい側が硬く刺さりにくくて、かなり難儀しました。
取り付けは難しくありません。

今回は、初挑戦としまして
アンボックスのビデオを撮影しました。
動画で分かりやすくなってますので
ご視聴頂けたら、雰囲気分かって頂けると思います。

それでは、今後どんどんと
X5 Proの事をお伝えして行きます。

次回は、X3との画質の違いをレポートします。

それではまた、バイバイドローン!

One thought on “遂に登場!DJI Inspire 1用高性能カメラ ZENMUSE X5 Pro

  1. 4ZIGENDESIGN様
    コメントありがとうございます。
    まず、ご心配の通り内装材は加工しないと
    機体自体がプレートと干渉して入らなくなります。
    ブーツの3センチは、モーター部分やバーの部分で干渉するので、そこも少し加工しました。
    カメラは全く特性が違うので、私は両方使う方針にしました。ですので、X3はそのままケースに入れて、X5は別で鞄に入れてます。

    投稿動画のピントは、私も気になってました。
    室内でマウントして少し試しましたが
    X5は完全にカメラです。
    絞りの設定やフォーカスをあるので
    現状、映像上げてる方もまだその辺りを
    探り探りなんだと思います。
    体感、凄く難しくなったなと思ってます。
    良い画を撮るのまで、時間かかりそうです。

    と、現状こんな印象です。
    またレポートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください