sunrise_hashikui

空撮で関西の空が仕事場! 空colorの岩本です。

空撮動画 和歌山絶景 橋杭岩三連発です。

今回が三回目の和歌山県 紀伊半島最南端 串本の空撮。
その串本の超有名スポット、国の天然記念物にも指定されている
奇岩”橋杭岩”が堂々のオーラスを飾ります。
絶景本などでよく紹介されていて、ぜひ空撮したかった場所です。

そこには、まるで恐竜の背びれ(?)が海の中から飛び出したような
目を見張る光景が広がっています。
とんがった岩がにょきにょきと
こんなに綺麗に一列で連なっているって、
なにか謎がひそんでいるんじゃないの?ってな気になります。
最後の岩のその先に、お宝が埋まっているとか?
そんな妄想をさせてくれるインパクトがあります。

今回は、日の出空撮を狙って行ってきました。
と言うのも、この橋杭岩は素晴らしい日の出で
日本の朝日百選にも選ばれてます。
少し雲があったので、水平線からの日の出ではありませんでしたが
奇岩の間から溢れる朝の光は、
天国のようにも地獄のようにも見える
一種独特の風景でした。

三回目にして三連発と書いてますが
今回、一つ一つが凄く綺麗だったので
映像として三つに分けて作りました。
日の出空撮が2種類
真上の空撮が1種類です。

日の出は、カメラのセッティング違いですが
全く違う雰囲気が楽しめます。

そして今回、撮影後の確認で
超絶景ポイントを発見しました!

岩の手前に大きな石がゴロゴロしている
これまた珍しい浅瀬の風景が広がってるんですが
そこに薄っすらと海水がのっています。
それがまるで、ボリビアのウユニ塩湖ように
鏡になって朝日を映しているのです。
これは本当に美しいハプニングでした。
ぜひご覧下さいませ。

真上は、文字通り
その奇岩たちの上を撮影しました。
空撮していて常々思うのですが
ドローンでの空撮のらしさは、低空だなと。

100mとか上昇させても
もちろん凄く綺麗に撮れるのでですが
仕事のレベルで言うと、そこにはヘリと言う
超強力なライバルがいます。

敵は、積んでいるカメラも凄いし
カメラ操作専用のクルーもいる。
ズームも使える。
本当に超強力です。

しかし、この数メートルから数十メートルの世界は
ヘリでの撮影は難しいものです。
なので、ここがドローンの見せ場かなと思ってます。

そんな低空の魅力を遺憾無く発揮した
美しい奇岩の姿を4Kでお楽しみ下さい。

和歌山絶景空撮 日本の朝日百選 橋杭岩①

こう見ると、尖った歯に囲まれているようにも見えます。

和歌山絶景空撮 日本の朝日百選 橋杭岩②

こちらは、爽やか系の朝日です。

和歌山絶景空撮 橋杭岩を真上から

こちらは、橋杭岩の真上がみられる珍しいアングルです。

三種類の橋杭岩いかがだったでしょうか?
使用機材は、DJI Inspire 1で4k撮影です。
ちなみに、カラコレなどの色調整は行っておりません。
撮影したままの色です。

それではまた、バイバイドローン!