挨拶Photo

空撮で関西の空が仕事場! 空colorの岩本です。

2015年4月1日より『空撮協力 空color』の看板を掲げ
新しい空撮の世界へと出航致しました。

空撮を始めて気付いた事があります。
・たった1mの上昇で世界は変わる事
・この世界は美しい事
・この世界の美しいは難しい事
・自然は甘くない事
・世界は甘くない事

ほんの1mヘリを上昇して景色を見てみると
本当に違う世界になります。
それは、身近な景色ほどそうかもしれません。
まさに視点を変えると言う事です。
自分が知っている世界が新鮮な未知の世界に変わります。

そんな視点で空撮をしていると
まだまだ世界は美しいと感じます。
朝日も夕日も四季の移ろいも。

しかし、
美しい風景を空撮する事は非常に難しいです。
水面に浮かぶゴミ、電柱、看板、煙突・・・
色々なものが邪魔をします。
それも偽らざるこの世界の姿です。

そして自然は甘くないです。
雨・風そんな当たり前の日常で
マルチコプターの羽は休憩に入ります。

そこで無茶をしたり逆らったり
無視する事でアッと言う間に空から嫌われ
誰かを傷つけたり迷惑をかけてしまいます。

首相官邸へのドローン墜落以降
世の中の反応は大きく変わりました。
それは撮影の間に掛けられる声でも痛感しています。
世の中、甘くありません。

しかし、太古の昔から人間が憧れ続けた
鳥の目線を感じられるマルチコプター・ドローンを
使った空撮には多くの可能性があります。

私は、まだまだ新参者ですが
その可能性と共に少しだけ違う世界を
お伝え出来たらと思います。